寝返りを繰返したほうが健康的

体調を整え健康を維持する方法はいくつかあります。規則正しい生活や定期的な運動もそれらの一つと言えます。無理に早起きする必要はありませんが、朝の陽光を浴びる事はとても大切とされています。

また、年を取ると体の痛みが出やすい様ですね。運動の機会が減るせいもあるかもしれませんが、関節痛や腰痛に悩む人が多い様に思うのです。

ところで「寝相が良い、悪い」と言い、寝ている間にあまり動かない方が良いと聞かされてきました。が、これは間違いと言います。

極み菌活生サプリの効果と口コミ!西野未姫さん愛用腸内フローラサプリを徹底レビュー!

実は健康な人の場合、20から30回寝返りを打つそうです。頭と足が逆になる人もいるかもしれませんが、寝返りは必要な行為なのです。

寝返りを打つと血流の滞留を防いだり腰痛のリスクを軽くしたりできます。体と掛け布団との間の空気を入れ替える役割も果たしてくれます。寝返りができないと、疲れが取れなかったり骨格が歪んだままになったりします。

寝返りを打ちやすくするには枕や敷布団等の硬さが大切です。敷布団と腰との間にタオルを敷いて、程よい力で抜ければ問題ないそうです。

寝返りはとても大切です。回数が不足すると神経痛を生じさせる事もあるのです。寝具が合っているか、簡単な動作で確認できるので試してみてはどうでしょう。