中高年男性は発汗でスキンケア

50代後半に突入すると、手足の肌にかさつきを覚えるようになってきた。ときに指先に水疱状のものができ痒みを感じたときがあったので、知人の皮膚科医に相談してみた。

セシュレルの体験談!

知人によれば、「人間だれしも、歳を重ねると肌の発汗機能が低下する。本来、外に出るべき汗が皮膚の下に残ることによって、いろんな症状が表れたり、肌の力が劣化するんだよね」という話だった。

そこで対応策としてあげたのが、①水分を補給する習慣づけ②汗をかく環境に体をおくの2点。①はそのままだが、②については運動すること、サウナに入るといった汗をかくということを身体に忘れさせないこと。とりわけ、手先、足先は汗をかくのを忘れがちな部位らしく、肌の老齢化が如実に表れてしまうという。この話を聞いて聞いて、すぐに思い当たることがあった。

夏場ゴルフなどにいくと、40代のころはゴルフグローブまで汗びっしょりだったものだが、最近はそうでもないなあなんて話していたのだ。アドバイスを受けて以来、3時間ごとの水分補給と週1のサウナ通いが日常化したのだが、風呂上がりに使うボディーローションも少量で肌の滑りがよくなった感じがしている。

中高年のスキンケアは、なによりも肌と毛穴の健康を維持していくこと、そのためには汗をきちんと排出してくれる皮膚を守ることが第一歩となるのです。