28歳を超えてから感じるお肌の悩み

朝バタバタとメイクをしていると気が付かない肌の悩み。
明るく照らされたコスメショップで「あれ、私の肌劣化してる…?」と気が付いたのは28歳になってからでした。

メリフバームクレンズの使い方から解約方法までを完全レポート!3ヶ月使ってみた効果と私の口コミ!

====================
■1 きっかけはうっすら現れたほうれい線
■2 悩みを解消するために私が行ったこと
■3 思わぬ効果
====================

■1 きっかけはうっすら現れたほうれい線
私が肌の劣化に気が付いたのはファンデーションを購入するためにデパートの化粧品売り場に行った時でした。普段は間近で見ない自分の顔を明るく照らされ、手元のミラーで確認したのがきっかけです。まず気になったのが産毛。「あ~、女子としてどうなのこれ」と、まだここまでは笑い話。次の瞬間目に入ったのがたほうれい線。もともと肌は強いと自負していたので、まさか自分の顔にほうれい線が出現するなんて想像もしていませんでした。笑い皴だと思いたかったですが、くっきりと刻まれちゃっていました。

■2 悩みを解消するために私が行ったこと
まずは受け入れました。年齢とともに確実にはだの肌の質や見た目は変わるはずなので、ずっと若さだけを頼りにはしていられない。少し脱線するのですが、年齢を重ねることがリアルに感じられる年齢でもあったので、30代以上の方のコラムや肌のケア法を見て回りました。調べたところやはりケアは必要とのこと。あとは年を重ねてもきれいな人は表情が明るいですね。毎日充実して楽しく過ごされているんだなと感じました。
ケア方法としては、むくみが積み重なると肌が重みに耐えられずたるみになると分かったので、その日のむくみを翌日に残さないようにマッサージをすることにしました。こすらずに気持ちよく感じる程度。
食事も変えました。ジャンク系は減らしてみそ汁など野菜をしっかり食べます。

■3 思わぬ効果
肌の不調に気が付いてから丁寧に暮らせていると感じるようになりました。人間って皮一枚で繋がっているので、どこかでエラーが起きそうなことをするとどこかに影響してしまう。なので、肌の影響を気にし始めたら他のことまで律することができてちょっぴりお得なキブンです。