我が子の口臭と、その対策について

以前から、自分の口臭には気になるところがあり、大人になった今はガムを噛んでみたり、珈琲を飲んでみたりして過ごしてきた。それが子供ができた今、我が子の口臭が気になるようになってきた。朝の目覚めに我が子のかわいい寝顔に癒され抱きしめてみる・・・と、「くっさ~」。すごすぎる口臭に、癒されるどころか朝から出鼻をくじかれた気分だ。

それからというもの、子供の口臭が気になるようになってきた。http://ihostdz.com/

改めて気にしてみると、次男は常に臭い気がする・・・三男は朝に臭う気がする。

以前、聞いた話に『虫歯』が臭うと聞いたことがあったが、定期的に歯医者に通っているので、その可能性は低いかもしれない。

そこで、現代文化のインターネットに頼ることにする。

調べてみると、寝起きの口臭の原因は就寝時の口呼吸や唾液量の関係性があるらしい。

確かに口臭は口からの呼吸、常日頃から鼻呼吸をしていれば口の臭いなどするはずはない。

でもそれを子供に実践させるのは、けっこう難しい。以前、歯医者で「鼻呼吸が虫歯になりにくいですよ」と言われ、子供の就寝時に口にテープを貼ったことがあるが、朝までもたなかった。これは子供がもう少し大きくなって、意味を理解させてから日頃から鼻呼吸を心がけるように話をしようと思う。唾液量の増やし方については、きっと色んな方法があるだろうが、子供が一番取り組みやすいのは「食事はよく噛んで食べる」ということじゃないだろうか。昔から「30回は噛みなさい」なんていうけど、自分も実践できていないと思う。

今後は、よく噛まないと呑み込めない食材や、食事中に話して聞かせることで、これは即実践することができそうだ。

他にも、子供の口臭の原因になるものはたくさんあると思うけど、とりあえず我が家では唾液量を増やすことから始めてみたいと思う。